図書館司書という職業をご存知ですか?

本が好きならやってみたい職業ですよね。

 

図書館司書とは、都道府県や市町村の公立図書館、私立図書館や大学図書館に専門図書館などで勤務し、資料の収集から図書の分類・管理、蔵書の貸出などの業務を行う専門職員のことです。

 

私たちが図書館で本を借りるとき、図書館での利用登録が必要です。

この利用登録を行って、利用者カードを発行するのも図書館司書の仕事の一つです。

 

実は図書館司書には司書と司書補の2種類の資格があります。

どちらも仕事内容は同じようなものですが、司書補は司書の補助的な役割となります。

 

図書館司書になるためには「司書」の国家資格が必要であり、正職員で働いている人のほとんどがこの資格を取得しています。

 

司書の求人募集の応募条件には、大抵の場合、「司書の資格を取得している者。または取得見込みの者」というのが必須になっています。

 

ですから、図書館司書の求人募集で採用してもらうためには、「司書」の国家資格を取得する必要があります。

 

また、学校の図書館で子どもたちに読書指導を行うような司書のことを司書教諭と呼ぶのですが、これには「司書教諭」といわれる免許の取得が必要になります。

 

では「司書」の国家資格を取るにはどうしたらいいのでしょうか。

  1. 大学・短大または高等専門学校卒業生が司書講習を修了し資格を得る。
  2. 大学・短大で司書資格取得に必要な科目を履修し卒業を待って資格を得る。
    (通信制・夜間・科目等履修も可)
  3. 3年以上司書補として勤務し、かつ約2ヶ月間の司書講習を修了し資格を得る。

 

上記の3つの方法があります。

 

高卒からでも図書館司書になれる方法もあります。

まず司書補の資格を取り、3年以上の実務を積んで司書の資格を取る方法です。

 

司書補の資格を取るには、高校卒業後に「司書補講習」を受ければいいのです。

 

社会人をしながら図書館司書になれる方法もあります。

通信制の大学に入学し、必要な科目を履修し資格を得る方法です。

 

ただし自宅学習のみで取得することは出来ません。スクーリングと言って、学校へ出向いて講義や授業を受けなければないない期間がありますので注意が必要です。

 

図書館司書の資格を取ったからと言って安心はできません。

 

問題は図書館司書の求人があるかどうかです。

地域によると思いますが、とにかく正規採用の募集が少ないのが現状です。